2017年3月17日、弊社の日本にあるお客様所有の15MW太陽光発電所は正式に電力供給網に接続した。本案件の架台はすべて弊社の製品である。



   本案件の住所は日本の福島県岡島において、総発電量は15MWである。福島市での荒廃した32万平方メートルの山地を改築して、年間の発電総量は1630万kWhに達する見込みである。また、20年間にわたり、40円/kwhの売電価格で地元の電気会社に売電して、およそ2900戸の地元の家庭への電力提供を実現できる。






    今まで、弊社はいつも厳しい品質管理体制の充実に努めて、世界のお客様へ高品質かつ高レベルな発電所の架台部品を提供することに取り組んでいる。絶えず新たな道を開拓して、太陽光発電所の開発、及び製品品質におけて、お客様の良い評判と認可を受けている。




次のニュースへ


日本福島15㎿の太陽光発電所が正式稼働

2018-03-20

一つ前のニュースへ


製品のおすすめ一覧


ニュースリリース